車を売るなら洗車は必須?!

「どうせ、引き取った後、買取店の人が掃除してくれるから関係ないでしょう」

たしかに売買契約後の引渡したら、あとはお店の人がオートオークションへ出品したり、店頭に並べる準備をするため、洗車・社内清掃をしてくれます。

1円でも高く売りたいわけですから当たり前ですよね。

ただ、車を査定してもらうときも同じことが言えるのはないでしょうか?

査定士のマニュアルには「これだけ汚れていたら○×円減点にする!」などといった表記はありませんし、具体的な決まりはありません。

とはいえ、水垢だらけのボディー、タイヤの周りは泥だらけ、車内は荷物だらけ、足ものとは砂利や食べかすがあちこちに・・・

タバコや香水の匂いが強烈・・・

以上の例は極端でひどい状態ですが、いくら無料で査定をしてくれるからといってもかわいそうすぎます。

人は見た目・第一印象が重要といいますが、車にも同じことが言えますよね。

査定士も人間です。

涼しいカオで査定をしながら、(おいおい・・・こりゃひどいな。こんなんじゃ、運転も乱暴で、オイル交換なんてやってないんじゃないのか?)
と他の部分について、疑われてしまう恐れがあります。

普通にしていれば、もっと評価アップだったかもしれない・・・

なんてことになりかねません。

ピカピカじゃなくてもいい

とはいえ、査定依頼~訪問までをお願いすれば短期間で自宅に来るでしょうから、短期間でピカピカは難しいでしょう。

そのため、軽く水洗いをする、不要なものは自宅へ戻す、掃除機を軽くかける、くらいのことはしておきましょう。

また匂いが気になる場合は、半日くらい窓をフルオープンにしておけば匂いが抜けます。

>>大至急! 車を売りたいあなた!【※30秒の入力で高額買取!】へ戻る

このページの先頭へ